8祝ぐ -hatihogu-

リッツカールトン東京の壁面アートワークを制作しました。
コンセプト:祝いの言葉を述べることで幸せを祈る"言祝ぐ" (ことほぐ)という言葉から着想を得た作品。竹は日本古来から神聖な植物とされており、様々な神事に用いられてきました。その竹で縁起の良い数字”8”を作り、それを繋げることで、幸せがたくさん連なるようにとの祈りを込めています。
This work was inspired by wishes for happiness, in Japanese called "言祝ぐ"(kotohogu). Since the Japanese ancient times, bamboo has been a sacred plant used for various rituals. I use bamboo to create the lucky number "8" and connect multiple pieces in wish for continuous happiness.

size: w67 x h175 x d17cm
photo by Nacasa & Partners Inc.